「みんなもっと覚えたいファッション情報」で最新のファッション情報をゲットしよう!

日常とは違った状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
64-10

上に合わせてパンツの色も決めましょう。和装か洋装か、この選択も事前に決めておいてくださいね。

全体的なトーンとしましては、白を基調に、明るさを前面に出すようにしよう。さらに、全体の色目ですけど、いくら固さが必要とはいえ、全身黒ずくめでは、めでたい日だか、かなしい日だか分からなくなってしまうんです。

それはある程度カチッとした身なりを整えましょう。普通のデートと違い、初詣ということは、日常とは違った状況です。

洋服でのコーディネートは、上はシャツにニットあたりが無難なところ。下は黒でもOK上がどういうなものでも合わせ傾向が強大です。

初詣は待機してる時間も長たらしいため、ウール系で厚めのパンツがおススメです。神様にも失礼ですよね。

間違いましても原色系や黒色、柄物などは避けてください。シャツの色は白を基本に淡い淡色系のものにしましょう。

また、午前中に参拝して、そこから、2人で行動するのなら和装よりは動きやすい洋服の方がいいでしょう。最初に、神仏に参拝するということを考えましたら、普段にみようかなあまりラフな格好はNGです。

また、上と同じ系統の色目のものなら無難なまとまり感が出せます。厳粛な場ところだから、白は一等ふさわしい色といえます。

初詣ということもあって、いきなり和装で攻めようという方もいるかも。それもいくなったのですが、その時合は彼女も晴れ着を着てこないとバランスがおかしくなるのでしょう。

ほどよい固さが必要ですよね。とは言いましても、スーツなどで上下決めてしまうと、自分だけ浮いてしまいましたとしてましているのです。

ニットは、白が映える、薄めの色がおススメ、グレーやブラウン系、または薄情サーモンピンクなども何よりの感じですのです。また、デニムはカジュアル感が強すぎるので、できるだけ避けて。

関連記事

コメントは利用できません。